« July 2005 | Main

2005.08.16

さようなら

昨日、ついに入院。どうも調子が良くない。主治医に言われ妻が近親者に連絡。子供たちにも経過を説明した。何時、意識不明になるかわからないとのこと。末期はあっさりしたいのでそれもいいかも。残念だけど運命なのだろう。ちょと早いけどそれなりに楽しい人生だったかな。家族がいて本当に良かった。大感謝。友人にも感謝、感謝。もう少しみんなと遊んでいたいけどね。いろいろありがとう。さようなら。
追伸
冬さん、約束はたせずに済みません。こんなに急に悪化すると思っていませんでした。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

2005.08.12

献血に感謝

あまりの倦怠感に聖隷浜松病院に飛び込んだ。
(この病院は患者満足度で全国ベスト10に入る常連)

私は抗がん剤の治療をせずに2年が過ぎた。
この選択は今でも正しかったと思う。
この2年間で治療する代わりにいろいろなことができた。
今後もQOLを確保した生活を続けたいと思う。
そのためにも抗がん剤以外の西洋医学の恩恵は目一杯受けたいと思う。
しかし、現在の医療は保険医療のスキームに制約されていて、
抗がん剤治療と一緒でないと血小板輸血は受けられないというのだ。
造血剤も出してもらえなかった。
現に血小板減少に苦しんでいる被保険者がいるのに。
代替医療や免疫療法なども保険対象にならない。
丸山ワクチンもそうだ。

がんの場合、私だけでなく高齢者のケースでは積極的な治療をしない人は増えている。
それでも全く治療しないというわけでないので、選択の幅を残して欲しいと思う。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.08.07

蓬莱橋


今日は娘とデート。まずは島田市のばらの丘公園に行った。様々なバラの花。実に華やかだ。次は『越すに越されぬ大井川』に渡された木橋『蓬莱橋』。映画のロケでも良く使われている。その後、金谷宿の石畳にまわり、最後はお茶の郷と少々ハード。でも、なにより娘と一緒の楽しい一日だった。163307082005.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main