« November 2004 | Main | February 2005 »

2005.01.29

白鷺

何かひとつの超能力が与えられるとしたら空を自由に飛びたいと男の子は思う。妻は動物と話をしたいという。逆に一の能力しか残してくれないとしたら夢みる能力を残してほしいと思う。こちらは妻と意見が一致した。050129_1321.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.28

ものの見方

36

昨日は職場で少し嫌なことがあった。
病気のことは妻と職場の数人しか知らない。
2003.10に告知を受け、以後は家族と前向きに生きていこうと転勤を希望した。
しかし、仕事でヘマや不祥事をしでかした・・とか不倫がばれたとか・・びっくりするような噂があるらしい。
症状がなく仕事で迷惑をかけているわけではないので病気のことを言うつもりはないが、いろいろな見方があるもんだと呆れた。
人はともかく子供たちはそんな噂を信じるなよ。
といってもこのブログを子供たちはしらないからなあ・・(信用無いから少し不安)


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.01.27

一首

根拠なき噂がすべる冬の夜は 冷たき指で乳首に触れるな 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.01.26

笑み

来年の歌会始めのお題は「笑み」だそうです。
でも「笑み」にもいろいろありますね。
先日の国会で民主党議員の退席の時見せた小泉首相の「笑み」はどうも、優越的立場の者が弱者をからかういじめの表情に見えたけど気のせいですかね。
そしてNHKの海老沢会長の退任会見の「笑み」は院政確保への自信の表情を見たような・・
ところで女帝論議が正式に始まりましたね。
雅子様の国民に見せる「笑み」は随分前から苦渋が滲んでいるように思えました。
今年の歌も皇族らしからぬと一部で批判されていてかわいそうです。
素晴らしいキャリアを押しこめてしまいかねない天皇制は今後も本当に必要なんですかね。
天皇制は単なる国民のわがままに過ぎないような気がします。
以前、国体で入場行進をした時、両陛下は各県の行進が終わるまで45分以上笑顔で拍手をされていました。
あの県の入場時には拍手が無かったということのないように気を使うのでしょうね。
私もやってみましたが両手が腫れて結構重労働でした。
ともかく
「笑うかどには福来る」と言いますからせっせと笑いましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.25

歌集

今日、歌集が届いた。
本当にきれいに仕上がっていてびっくりした。
冬さん、ありがとう。拝謝

こうしてみんなの作品を読むと一日でも生き生きと楽しく生きていたいと改めて思う。
これからもせっせと訪問して皆さんの真面目な?そして遊び心豊かな活力に触れたいと思う。
よろしくお願いしますね。

見送ると決めているらし君の朝 手をふる我にはにかみ返して

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.01.16

絵手紙

妻に送った絵手紙が六十通を超えた。描き始めたのが昨年の春だから週に一通以上のペースになる。一人暮らしの子供たちへのを加えると百通を超す。メッセージや短歌を添えて自宅に送るのはよくよく考えると恥ずかしい。「郵便屋さんも微笑んで配達してくれるよ。」と妻がはにかんでいる。


絵手紙を駄洒落で返す妻は今ハミングしながらじゃがいもをむく

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.01.15

公正さ

Scan10007
政治家は具体的な指示をして圧力をかけることはほとんどない。自説を述べた後で、「公正な対応をお願いします。」というだけである。聞いたほうが「意を汲んで」部下に対し、具体的に指示するのだ。要望を受けた幹部はうるさい政治家に睨まれるより気に入られたほうが得だ。中には自ら政治家に擦り寄る輩もいる。

政治活動は議場に限定すべきだ。それ以外では一般人と同じ扱いで良い。行政機関の各種審議会への議員の就任を自粛する方向がようやくでてきた。また、法人の政治活動は禁止すべきだ。法人は自然人のために人格を認められた存在で、選挙権は自然人しかないのだから政治活動は自然人だけに限定すべきだ。

経済活動を中心に法人の自然人に対する優越は度を越しているように思う。特に教育委員や公安委員などもほとんど経済団体の推薦を受けた人が就任している。経済効率優先の風潮は人心を荒廃させる。民間人校長を導入する前に個別の学校の運営委員会等を公開するなどやることはたくさんある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.12

寒いですね。

Scan10006

短歌
冬の夜の窓辺の寒さ寂しさに篝火草は寄り添いて咲く

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.01.09

新春

昨年は自然災害が続発した。
台風の連続、新潟中越地震、そしてスマトラ沖地震による大津波。
一体犠牲者は何万人にのぼるだろうか。
自然の脅威の前では人間の存在なんていかに小さいかとつくづく思う。
なのに愚かにもさらに人間は戦争し、殺し合う。

この正月、我が家は遠出することもなく、長閑に過ごした。
息子も娘も帰省し、久しぶりに家族でコタツを囲み、ゲームやマージャンで遊んだ。
情け容赦ない多くの犠牲者のことを思うと、小さな我が家の幸せを心からありがたいと思う。

一首
地球より重たき命も虫けらも一緒に飲み込む大津波かな

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | February 2005 »